《カートを見る》

開催セミナーのご案内

【東京開催】成果を出すための仮説検証力アップ研修

仕事(企画・開発・設計・生産・営業・販売部門等)を進めるために必要な仮説検証の考え方

 様々な業務改善を進めるときに、担当者が深く検討せず思いついたまま改革・改善を進めてしまい困惑してしまったということを耳にすることがあります。また、具体的方法となると個人的な能力に頼っていることも多いことが否めません。業務改善のための情報共有や素早い業務の見直しを職場で進めるためには、「仮説検証する力」が必要不可欠です。より的確な仮説検証力を向上することが改革・改善のカギとなります。
 本研修では、多くの切り口から仮説検証を行うために必要な基本的なアプローチについて演習を通じ学び、業務の効率アップにつなげます。



■ 生産現場や間接部門で成果をより上げるために、思いつきではなく、
  しっかりとした「仮説」を持ち行動することが重要です!

 ☑ 改善を進める時に、担当者が深く検討せず思いついたまま改善を進めてしまい
   困惑したことがある。
 ☑ 個人の能力に頼ってしまい組織力が発揮できていない。
 ☑ 業務改善を進める時、方針転換などの情報共有を十分に行い成果につなげたい。
 ☑ 自身の役割を果すために説明する力を向上させたい。

本研修では以下のことを学びます。

  ① 仮説を立てる重要性。
  ② 仮説検証力を向上させるポイント。
  ③ 上司・メンバーに説明する力を向上させる方法。
  ④ より成果を出すためのプロセス。

 ※本研修は基礎的な研修となりますので多くの部門の方々にご参加いただけます。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

橋本 豊 中産連 コンサルタント

講師プロフィール

戦略の実行を人事制度や人材育成まで落とし込み、変革を組織に根付かせることを重視した指導を行っている。企業の収益向上のために事業戦略の検討・策定支援、社内活性化および従業員の動機づけをコンサルティング・社内研修を通じた指導で実績を上げている。

プログラム
1.仮説検証力とは
 (1)仮説力とは 
 (2)検証力とは 
 (3)仮説を立てるとは
 (4)仮説検証の重要性と必要性

2.仮説検証力を確かめてみよう【演習】
 (1)仮説検証力チェック
  ①データから仮説検証を考える
  ②目的を達成するプロセス
 (2)ケースから学ぶ仮説検証

3.仮説検証力アップのポイント
 (1)論理的思考
 (2)多角的思考
 (3)構造化思考
 (4)深堀思考
 (5)単純化思考
 (6)日頃から考える癖をつける
 (7)上司を説得する力を向上する

4.いろいろなモノの見方
 (1)有る無しを考える
 (2)関連を考える
 (3)重なりを考える

5.仮説を検証する
 (1)なぜその仮説検証が正しいのか
 (2)どんな方法・手段でそれを説明できるか
 (3)仮説検証のプロセス

6.まとめ


【参加者の声】------------------------------------------------

・問題点から仮説を立てて検証するまでのプロセスの大切さを
 学ぶことができました。
 今回の学びを自身の業務改善へつなげるとともに、
 部内へ横展開し問題解決につなげたい。

・問題を解決するに当たりPDCAは普段の業務から
 使用しておりますが、改めて重要性を再確認させて
 いただくことができました。
参加対象

はじめて仮説検証を学ぶ各部門の方々(企画・開発・設計・生産・営業・販売部門等)、若手から中堅社員の方々、ご興味のある方々

おすすめ関連セミナー
  1. 【東京開催】主任研修
  2. 【東京開催】仕事の“イライラ”をコントロールする「アンガー(怒りの感情)マネジメント」研修
  3. 【東京開催】QC7つ道具の活用法から問題解決への導き方
  4. 【東京開催】不適合ゼロを実現させる3H(初めて、変更、久しぶり)対策の進め方
  5. 【東京開催】製造監督者研修
  6. 【東京開催】若手技術者のための設計の不具合・後戻り防止の進め方
  7. 【東京開催】中堅・若手社員研修
  8. 【東京開催】新入社員フォローアップ研修【目標を明確化し行動に繋げる編】
  9. 【東京開催】「構想設計力向上」研修
  10. 【東京開催】製造管理者研修
日時 未定
会場 東京: 23区内会場
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ①開催日から2週間前になっても、参加者が、5名に満たない場合は、中止又は延期にする場合があります。②録音機の持ち込みはかたくお断りしています。③テキストは会場にてお渡しします。参加者以外の方にはテキストはおわけしていません。④同業他社からのご参加はお断りする場合がございます。
担当 マネジメント研修事業部
大土井. seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.