《カートを見る》

開催セミナーのご案内

ビジネススタンス(仕事への意識)向上研修

~成果を出しているプロが実践する 自己管理の極意~


☑「仕事の責任は果たしているのに、過度な要求をしないで欲しい…」

☑「与えられたノルマや課題を必死で達成したのに、
  達成した後またすぐにハードルを上げられるのは辛い…」


☑「仕事への価値観は人それぞれ。
  顧客や同僚に迷惑をかけなければ、自分のやりたいようにやればいいのでは?」


上記のような仕事への取り組み方は一見問題なさそうですが、
本当にそうなのでしょうか?


経営層や管理者は、非管理者層に現状に満足してしまうことなく
ビジネススタンス(問題意識や改善マインド)を高く持って
仕事に取り組んで欲しいとよく口にします。

それはなぜなのでしょうか?


◆なぜ、高いビジネススタンス(プロ意識)を持たないといけない?
---------------------------------------------------------------
なぜ、上司は口うるさくプロ意識を持って欲しいと言うのでしょうか?
プロフェッショナルな気持ちで仕事向き合うことで得られるのものは
充実感や満足感です。
それらはやがて「揺るぎない自信と確かな実力」に変わり、
毎日の仕事がますます充実していきます。
その結果、更に能力が発揮できるようになる
上司は経験的に知っているからです。

成果を出している方は
成果を出せる人と出せていない人との能力差はごくわずかであり、
差を生み出している最大の要因は「仕事への向き合い方と取り組み姿勢」
なのだと経験則で知っています。

つまり、仕事への向き合い方や熱意とも言い換えられるビジネススタンスと
業務スキル習得へのスピードと習熟度は正比例している
のです。

高いビジネススタンスを持って仕事に打ち込めば、
あなたの仕事の成果は確実に上がり、
能力も磨かれていく
いっても過言ではないのです。


そこで、本研修では、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ➊ ビジネスで成果を上げ続けるプロフェッショナルの条件

 ➋ ビジネスで望む結果を出し続けている人が実践する
   10のセルフマネジメント(自己管理)の極意


 ➌ ビジネスのプロが行う時間管理と仕事の準備方法

 ➍ 自己成長を続けるために欠かせない自分自身へのフィードバック方法

_________________/\_________________

を学び、早く確実に成長する人になれる高いビジネススタンスを身につけます。

これまでなかなか高いビジネススタンスを持ち得なかった人は、
この研修に参加することをきっかけに少しずつプロ意識が持てるようになり、
最短距離で確実に成長していける
ようになります。



-◆-❖ 参加者の声 ❖-◆-

・自動車部品製造業 リーダー
 『与えられたことや顧客の要求に応えればそれでいいと思っていて、
  ビジネススタンスなんて意識したことはなかった。
  しかし、そんな姿勢が成長への足かせになっていたと気づけたのが良かった』

・不動産業 主任
 『もっと若い時にこの研修に参加したかった。
  本当に納得する仕事への向き合い方(自分の軸)を見つけられる手ごたえを感じた。
  どうせ仕事をするのなら、誰だっていい仕事がしたいと思うし、
  モヤモヤした中途半端な気持ちから早く抜け出したい。』

・設備工事業 係長
  『上司からこの研修を受けてこいと言われて、来るのが嫌だったが、
   想像していた内容と違っていた。
   今の自分にとってとてもためになる内容だった。来て良かった。』


このように、
社員ひとり1人に仕事への意識・向き合い方を変えてもらいたい企業様、
自分の仕事への向き合い方を変えるべきだと思い悩む方は、
ぜひこの機会を活かしていただきたいです。

沢山の方のご参加をお待ちしています。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

加藤 雅士 氏 (㈱目標管理トレーニング 代表取締役)

講師プロフィール

ベンチャー企業で株式上場を経験後、経営不振の会社の取締役として、現場の最前線でリストラを指揮し、やる気を失っていた社員を蘇らせ数億円あった借金を約3年で完済し、再建を果たす。
現在は、経営コンサルタントとして大企業から中小企業まで業績向上・組織力強化・資金調達の支援を中心に行い、支援先すべての企業で業績向上に導いている。
ドラッカーのエッセンスを活用した指導は短期間で高い成果を生み出すことで、支援先から高い評価を得ている。
また、(一社)日本ソーシャル・ファーム促進事業団の代表理事として、労働市場で不利な扱いを受ける人たちのために、新たな市場作りと雇用創出活動を精力的に行っている。

プログラム
1.ビジネススタンスとは 【個人演習】
 (1) プロとアマの違い
 (2) なぜビジネススタンスが重要なのか
 (3) あなたは何によって憶えられたいか


2.成果を上げる人の共通点
 (1) 3つの領域の貢献
 (2) 生産性を高めるために行うこと
 (3) 成果をあげるための能力


3.自らをマネジメントする
 (1) 細部へのこだわり  (2) 選択と集中
 (3) 定期的な検証と反省 (4) 成長と自己変革
 (5) フィードバック分析
 (6) 自分の得意な仕事の仕方
 (7) 価値観を優先する


4.時間を管理する 【グループ演習】
 (1) 計画からではなく、時間からスタート
 (2) 時間を記録する
 (3) 優先順位よりも劣後順位


5.コミュニケーションの重要性
 (1) 良い人間関係を保つ秘訣
 (2) チームワークを可能にするためには
 (3) 優れたコミュニケーションとは


6.仕事としてのリーダーシップ 【グループ演習】
 (1) カリスマ性ではなく、仕事としてのリーダーシップ


7.強みを活かす 【グループ演習】
 (1) 強みを重視するために自らが行うこと
 (2) 上司の強みを活かす


8.自らの成長に責任を持つ
 (1) 仕事から学び続けるために行うこと
 (2) 人からも学ぶ
 (3) 自らに高い要求を出す
 (4) 成長するための原理原則

参加対象

●社会人になりたて ~ 中堅クラスの方(※その中でも、①仕事に対するプロ意識が弱い方、  ②指示された仕事だけをするレベルからなかなか抜け出せない方、  ③困難やトラブルが自分に起こると他責になりやすく、当事者意識が欠けている方)

日時 2018/10/24(水) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル 研修室
参加費 28,000円(33,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ●同研修をカスタマイズして「企業内研修」を希望される方は以下担当までご連絡下さい。                                                  ●コンサルタント及び教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承下さい。
担当 マネジメント研修部
小橋川(こはしかわ) kohashikawa@chusanren.or.jp seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.