《カートを見る》

開催セミナーのご案内

【東京開催】製造現場中堅社員研修

モノづくりの基本を学んで、「現場力」を高める!

 ■本研修のポイント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  ◆ポイント①「製造現場作業者が意識すべき10の意識」
    「目的・責任・能率・品質・コスト・納期・改善・協力・安全・顧客」を中心に、
    グループ討議や演習を通じて考え、学びます。
  ◆ポイント②「先輩社員としての自覚」
    後輩社員の手本となるべき基本行動・働く姿勢や意識を、
    自らが改めて見つめ直す場として活用できます。
  ◆ポイント③「ものづくり人材育成の経験・実体験」
    講師自身のデンソー、デンソー技研センターでの経験を伝えながら、
    わかり易く講義します。
  ◆ポイント④「ものづくり現場での実践」
    頭で理解して終わるのではなく、ものづくり現場で上記の意識を持って
    行動できるように動機付けを行います。


 ■こんな方にお勧めです!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  ◆若手・中堅社員の方、新しく配属された方
  ◆中途入社など製造業で働くことの基本を身につけたい方
  ◆後輩指導をする立場にある現場リーダーや先輩社員の方 など


■過去受講者の声
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆自動車用金属部品・製造部3課
   今後の社会人生活において必要な事を学べた。
   是非自分の会社でこのセミナーをしてほしい。
   全従業員が受けたら会社が変わるくらい影響がある。

 ◆航空機用精密部品・設備保全課
   上司や後輩、同僚とのコミュニケーションをとることで、
   より円滑に業務を遂行できると感じた。
   今までボヤっとしていた自分の役割が見えた。

 ◆水道機器・製造一課ライン長
   現在、改善活動をやっているが、ムダばかりだと改めて気付いた。
   後輩にも受けさせたいし、数年後にもう一度受けて理解できているのか
   確認したい。


現在ダウンロードできるPDFは2019年度製造部門階層別研修 総合案内です。
個別のご案内につきましては準備中です。ご了承下さい。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

川澄 幹雄
(中産連委嘱コンサルタント・元 株式会社デンソー技研センター部長)

講師プロフィール

昭和43年、日本電装株式会社(現株式会社デンソー)に入社。
     工機部、人事部、電装学園指導課、技能養成課、工業技術研修センター指導員
     として活躍。
平成13年、株式会社デンソー技研センター設立後、国内コンサルティング部部長に就任。
     デンソーにおける「ものづくり人材」育成に注力。
平成16年、株式会社リーム中産連に入職。
     デンソーでの経験を活かし、主席コンサルタントとして活躍。

【資格】 職業訓練指導員免許(機械関係)

プログラム
1.製造会社(メーカー)とは何か
  (1)会社の使命とは
  (2)利益を上げることとは
  (3)製造会社の利益の源泉は、どこにあるのか
  (4)原価の要素

2.「製造会社の組織人」としての役割と責任
  (1)組織活動の目的
  (2)製造現場を預かっている第一線社員として

3.製造現場におけるチームワーク
  (1)個人の自由と組織のチームワーク(調和)
  (2)前工程・後工程との連携(壁を取り除く)

4.製造現場で働く
  (1)プロ意識に徹するには
  (2)良い品は良い考えから生まれる
  (3)製造現場における「職場の人間関係」
    ①製造現場で役立つ対人関係技法
    ②上司・先輩・後輩との意思疎通

5.製造現場社員に求められる「10の意識」
  (1)目的意識
    ①例)5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)はなぜやるのか
  (2)責任意識
    ①遵守性(決められた事を守る)
    ②良心性(手抜きをしない)
    ③完遂性(最後まで仕事をやりぬく)
    ④自発性(自分から進んで仕事をする)
    ⑤創造性(仕事のやり方を創意工夫する)
  (3)能率意識
    ①ムリ・ムダ・ムラ
    ②ミス防止とミスの処置方法
  (4)品質意識
    ①品質は工程でつくり込む
  (5)原価意識
  (6)納期意識
  (7)改善意識
  (8)協力意識
  (9)安全意識
    ①製造現場ではなぜケガが起きるのか
    ②どうやって、労災ゼロを目指すのか
  (10)顧客意識
    ①後工程はお客様である

6.仕事の進め方と改善
  (1)製造現場での「指示・命令の受け方」
  (2)製造現場での「報告の仕方」
  (3)組織で改善を進め、効果を出すためには




=====================================
◆ 研修受講後のフォロー体制 ◆

 「研修を受けただけ」で終わらないように、
  中産連では受講者へフォローをする体制を整えています。


【手続き1】
事前に「個別フォロー」を申し込む。
※希望者のみ 1名1回につき3,000円(+消費税)
 ご希望の方は、参加申込フォームの自由記入欄に「フォロー希望」とご入力下さい。

【手続き2】
研修受講後に、申込者はレポート用紙をもらう。

【手続き3】
受講後1ヶ月を目安に、レポートを作成し、中産連へ提出。

【手続き4】
コメントをつけて返却。

※提出・返却方法につきましてはお申し込み責任者様へ別途ご案内いたします。
=====================================



「階層別教育体系構築」「講師派遣」をご希望の方は下記担当者までご連絡ください。
参加対象

製造会社の若手・中堅社員、後輩を指導する立場にあり、自ら基本を見直したい方

おすすめ関連セミナー
  1. 【東京開催】製造管理者研修
  2. 製造幹部研修
  3. 【名古屋開催】製造現場中堅社員研修
  4. 【名古屋開催】製造監督者研修
  5. 【名古屋開催】製造管理者研修
  6. 【東京開催】製造監督者研修
日時 2019/7/11(木)~12(金) 9:30~17:00
会場 東京: TKP麹町駅前会議室
参加費 45,000円(50,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
【希望者のみ】個別フォロー:1名1回3,000円(+消費税)
備考 会場の詳細はお申し込み受付後にお送りする受講票に記載いたします。
担当 マネジメント事業部
小城 seminar@chusanren.or.jp

今後の開催日
  日時 2019/10/24(木)~25(金) 9:30~17:00 全1回
会場 TKP麹町駅前会議室
テーマ 第83回 製造現場中堅社員研修
講師 川澄 幹雄
(中産連委嘱コンサルタント・元 株式会社デンソー技研センター部長)
お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.