《カートを見る》

開催セミナーのご案内

仕事や対人関係のストレスに強くなる「メンタルヘルス・マネジメント」研修

\ メンタルが強い人たちが普段実践していることを分かりやすくお伝えします! /


現代社会は様々なストレス因子であふれかえっています。
仕事をしていく上で、ストレスを受けずに過ごせることは
実際不可能といっていいでしょう。

厚労省の統計では、一生のうち精神疾患になる割合は概算で4人に1人、
企業内においては10人に1人と言われるほどです。
決して他人事ではない状況です。

いつ「うつ症状」などのメンタル疾患にかかってしまっても
おかしくない環境に私達は生きています。

それでは、メンタル疾患を防ぐ手立てはないのでしょうか??


 答えは「No」です。


メンタルヘルス・マネジメントの技術では、様々な予防のスキルがあり、
使いこなすことができれば、大半のストレス因子は予防が可能です。


本研修では、その中でも特に分かりやすく日常生活で実践しやすい


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

☛ (コントロールが難しいと言われる)たまったストレスとうまくつき合い解消する方法

☛ 辛い出来事があっても上手に受け止め、「うつ症状」にならずに回復できる方法

☛ 起こった出来事をポジティブに捉え、柔軟に対応していく方法

☛ 自分で意識して精神的な落ち込みから回復する方法

_________________/\_________________


を身につけます。

講師は臨床心理のプロフェッショナルです。
プロスポーツ選手やストレスの多い経営者(幹部)を始めとする
数多くのビジネスパーソンを支援してきています。
お伝えするスキル全てがストレスを上手く処理・回避できる実践的な方法です。


本研修で「ストレスマネジメント力」を磨くことにより、
あなたもメンタルタフネスの仲間入りを果たしてください!


●参加者の声
――――――――

「わかりやすかった。実践するのに苦にならないスキルです。
 研修中に体験した時に効果を感じたので、実生活で取り入れていきたい」
                  (製造業 30歳)

「話が面白くて、内容も分かりやすかった。
 講師の方がなぜ一流のスポーツ選手や長時間労働で精神的に病む社員の
 メンタルを改善させることができたのかよくわかった」
                  (商社 37歳)

「最近自分でも少し危ないと思っていた時にこの研修を受講できて本当に良かった。
 日常生活で気付いた時に都度実践していこうと思う」
                  (団体職員 28歳)

リーフレットがダウンロードできます→
講師

相場 聖 氏 ㈱メンタルグロウ 代表取締役
       ㈱ヒューマンエナジー 代表取締役

講師プロフィール

メンタルトレーニング、心理学、運動生理学、バイオメカニクスを幅広く学んだ後、スポーツコーチとしてアスリートから一般の方への指導を行う。
その後、DNP(大日本印刷)グループで従業員(全4万人)に対し中核メンバーとして健康開発活動を行う。企業内カウンセラーとして個人の臨床心理対応、全社共通の「メンタルヘルス予防プログラム」の制作、「全社体制構築」を手掛け従業員の心の健全化に貢献。
2006年、組織活性化事業とメンタルヘルス事業を目的とした㈱ヒューマンエナジーを設立。
2008年、メンタルヘルス事業の拡大に伴い、メンタルヘルス・ストレスマネジメント事業を専門とする㈱メンタルグロウを共同設立。2社の代表取締役を務める。
現在は、経営層へのメンタルアドバイザー、従業員のメンタル強化やモチベーションアップを目的とした組織活性化支援コンサルティング、社員研修、講演等を全国で積極的に行っている。

プログラム
1.なぜ今、メンタルヘルス・マネジメント力が必要なのか?【講義・ワーク】
(1)あなたのストレス耐性がどのくらいかチェック
(2)「うつ症状」になりにくいストレスマネジメント4つの要素
(3)ストレスとうまくつき合いながら働く重要ポイント


2.ストレスを受けても「うつ症状」にならず、力(エネルギー)に変える5大要素【講義・ワーク】
(1)自分の内面を知る(自分の価値基準を理解する)
(2)自己効力感(セルフエフィカシー)を高める
(3)目的(目標)意識・貢献感覚を持つ
(4)SOC(首尾一貫性)を向上させる
(5)自分でストレスコントロール力を高めるスキルを持つ


3.自分でできる「メンタルヘルス・マネジメント」のトレーニング【ワーク → 解説】
(1)「仮想的フラッディング法
    ~事前にストレス状況を想定することで、ストレスを緩和する~
(2)「リフレーミング法」
    ~ネガティブな捉え方をポジティブに変換することで、
     ストレスにならない思考力を持つ~
(3)「マインドフルネス法」
    ~感情と自律神経をコントロールすることで、
     ストレスを受け流す身体をつくる~
(4)「ルーティーン法」
    ~モチベーションが上がるポイントを生活サイクルに組み込み、
     ストレスを予防する~
(5)「アンカリング法」
    ~瞬時に、自身の感情をポジティブな状態にすることで、
     ストレス状態から遠ざかる~


4.メンタル力を高め、仕事や人生の質を向上させる
・研修の総まとめ
 ~「うつ症状」とは無縁の生活を送るために~

参加対象

●全てのビジネスパーソン   (その中でも、 ①仕事や対人関係が原因のストレスをうまくコントロールできない方   ②ストレスを受けても、上手く解消できるようになりたい方   ③「うつ症状」をはじめとするメンタル疾患を予防できる力を身につけたい方)

おすすめ関連セミナー
  1. “折れない心”を身につける「レジリエンス(逆境力)養成」トレーニング
  2. 管理者が取り組む 「仕事のストレス」 の予防と対策
日時 2018/5/18(金) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル 研修室
参加費 28,000円(33,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ●同研修をカスタマイズして「企業内研修」を希望される方は以下担当までご連絡下さい。                                            ●コンサルタント及び教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承下さい。
担当 マネジメント研修部
小橋川(こはしかわ) seminar@chusanren.or.jp

今後の開催日
  日時 2018/10/5(金) 10:00~17:00 
会場 中産連ビル 研修室
テーマ 仕事や対人関係のストレスに強くなる「メンタルヘルス・マネジメント」研修
講師 相場 聖 氏 ㈱メンタルグロウ 代表取締役
       ㈱ヒューマンエナジー 代表取締役
お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱東京UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱東京UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱東京UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.