《カートを見る》

開催セミナーのご案内

国際取引における「貿易管理」の考え方

最近の輸出管理の規制は、従来に比べて複雑かつ厳しくなっています。確実な輸出コンプライアンスの向上が求められています!

◆輸出管理の基本を実務に活かすことが求められています!

 ☑ 自社の取り扱う製品/技術は海外製が多い
 ☑ 海外との取引が増えてきているため、漏れのない内部規程(CP)を策定したい
 ☑ 「該非判定」を求められるので、手続の流れを再確認したい
 ☑ 輸出管理違反事例を参考に、現在の取引状況のリスク管理を徹底したい

本研修では以下のことを学びます。

 ①輸出に関する法体系、実務の基本の理解による、企業コンプライアンスの向上の図り方
 ②海外企業との輸出に関するリスク管理の考え方

国内市場の縮小が懸念され、海外への輸出取引の動きが活発になる中で、輸出に関する企業コンプライ  アンスも強く求められるようになっています。本研修では、より複雑かつ厳しくなりつつある貿易管理の基本と実践のご紹介を通して、確実な輸出コンプライアンスにつなげるお話をいたします。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

印東宏紀 氏 行政書士ファインテック技術法務事務所代表(特定行政書士)

講師プロフィール

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後に、愛知県庁入庁。その後、行政書士ファインテック技術法務事務所を設立し、企業の国際貿易・取引と知財・標準化戦略の支援に関する業務に携わる。特に、人工衛星の設計を行う大学、ベンチャー企業を始めとして、自社・海外製品や技術の輸出管理に関わり、安心・安全な国際ビジネス展開のサポートに力を注いでいる。

プログラム
1.貿易法務の基本について
 (1)貿易に関する我が国の法体系
 (2)外国為替及び外国貿易法(外為法)とは
 (3)輸出に関する国際条約、国内法
 (4)輸入に関する国際条約、国内法

2.輸出管理の実務について
 2-1 輸出と輸出管理のイロハ
 (1)輸出管理に影響を与えた国際情勢
 (2)輸出管理体制について
 (3)安全保障輸出管理と「許可」
 (4)貿易管理と「承認」
 2-2 輸出管理手続の実務手続
 (1)輸出管理手続について
 (2)「リスト規制」とは何か
 (3)「該非判定」、「該非判定書/非該当証明書」について
 (4)「キャッチオール規制」とは何か
 (5)輸出許可申請手続の概要
 (6)輸出管理内部コンプライアンスの整備

3.輸出管理の応用について
 3-1 海外企業との技術取引/共同研究開発に潜む論点
  ① 海外企業へ技術者を派遣したい
  ② 海外からの企業訪問を受け入れ、工場見学などを考えている
  ③ 海外企業と守秘義務を締結した上で、共同研究開発を行いたい
 3-2 商社マン/研究者/海外勤務者にとっての輸出管理
  ① 海外子会社へ転勤をした上司に、以前の設計図面等の提供をしたい
  ② 外国製の部品が組み込まれている外国製品を輸出したい
 3-3 最近の外為法令違反事例

4.米国再輸出規制(EAR)について
 1.日本国内で、米国法を守る理由とは?
 2.EARとは何か
 3.ECCN、EAR99の基本
 4.申請手続の実務
参加対象

●貿易事務に始めて携わる実務の方 ●航空宇宙事業など、新しいビジネス分野にチャレンジされる企業の方 ●取引先が中国、台湾、中東諸国などを対象とする企業の方

日時 2018/11/15(木) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
①開催日から2週間前になっても、参加者が、5名に満たない場合は、中止又は延期にする場合があります。②録音機の持ち込みはかたくお断りしています。③テキストは会場にてお渡しします。参加者以外の方にはテキストはおわけしていません。④同業他社からのご参加はお断りする場合がございます。
備考 ①開催日から2週間前になっても、参加者が、5名に満たない場合は、中止又は延期にする場合があります。②録音機の持ち込みはかたくお断りしています。③テキストは会場にてお渡しします。参加者以外の方にはテキストはおわけしていません。④同業他社からのご参加はお断りする場合がございます。
担当 マネジメント研修部
大土井 seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.