1. ホーム
  2. セミナー
  3. セミナー検索

中産連のセミナー

開催セミナーのご案内

セミナー番号 0855

分かりやすい「情報整理のしかた」&伝わりやすい「資料のつくり方」実践研修
【オンライン】

~「早く・正確に・少ない労力で」汎用的かつ質の高い資料作成スキルが身に付きます!~

□ 分かりやすい資料を作って、上司やチームのメンバーをうまく説得したい

□ 論理的で説得力がある資料を作って、顧客から受注を勝ち取りたい

□ 作成した資料に対して、上司から分かりにくいと言われ、作り直しを命じられるが、
  どう作り直したらいいのか途方に暮れることがある

□ 資料づくりに時間がかかりすぎる。速くて、刺さる、無駄な時間を使わずに作れるようになりたい

□ 資料の見栄えを良くするデザインテクニックを磨きたい



ビジネスパーソンであれば、一部特殊な仕事を除いて、資料づくりの仕事からは逃れることはできません。
誰もが経験し、そのスキルを高めていかなければいけない分野といえます。

しかし、資料づくりのスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。



<OJTではなかなか身につかない資料づくりのスキル>


ある公的機関な調査に拠れば、OJTでなかなか身につかないスキルの1つとして、資料のつくり方があるそうです。
実際、上司一人ひとりが違う作成パターンを身につけていたり、我流で通してきたりしたケースが多く、
コンサルティング会社や資料づくりの細かいルールをしっかり決めていない会社以外では、
【汎用的に使えるスキル】を身につけることは、難しいかもしれません。



<汎用的に使え、「伝わる」「刺さる」「速く(短時間)」作れるスキルが身につく>


そこで、本研修では、このようなお悩みを少しでも解決するために、
「伝わる」「刺さる」「速く(短時間)」資料が作れるスキルを、実践しながら学び、自身に落とし込んでいきます。


具体的には、

 情報収集する(相手の思考や判断基準を見分る)
  ↓ 
 情報をまとめる
  ↓
 まとめた情報を分析し、伝えたい情報を優先順位づけをして、ファクトを織り交ぜて論理的な仮説をつくる
  ↓
 仮説を文章化・図解化し、文書へ落とし込む
  ↓
 各パーツを組み合わせて、ストーリー性を持たせる



このように、相手に伝わりやすい資料を作るための一連の流れを、【講義→演習→グループ共有→解説】の順序で、
しっかりと習得していただきます。


伝わりやすい資料づくりのスキルをこの機会にしっかりと身につけておきたい方、資料づくりに苦手意識を持っている方、
上司によく作り直しを命じられる方、提案資料が顧客になかなか採用されない方、このような方には絶好の機会です。

ぜひご参加下さい。



<本研修には、フォローアップ(事後行動支援)が付きます。オプションになります。>

受講者の皆様が“ご自身の仕事で”作成した資料を講師が添削して返却します。
「フィードバック(良い点・改善点)」、「アドバイス(どうしたらもっとレベルが上げられるか)」もいたします。

研修での学びを事後行動に結び付け、日常的に定着・習慣にするのに大きく役立ちます。
詳しくは担当者へお尋ねください。


※ご注意:
 ご使用のブラウザが【Internet Explorer】ですと、リーフレットPDFがダウンロードできない場合があります。

※本研修は、「A3用紙・1枚」で仕上げる“採用される”企画書作成術より、研修タイトル&プログラムを変更しております。



このセミナー・イベントのリーフレット

講師

中産連パートナー講師 (ビジネス文書作成コンサルタント)

講師プロフィール

都市計画及び広告代理店事業に従事した後、2005年に独立。
消費財のプロモーションや企業ブランディングをはじめ、国産の農産物の海外PR、町興しなどの企画・プロデュースに携わる。
「伝わる・刺さる・速く作れる」を三拍子にしたビジネス文書作成スキルを考案後、数々のコンペに連戦連勝中。
スキルを分かりやすく体系化した後、若手~中堅層など成長の伸びしろがあるビジネスパーソンを中心に、ビジネス文書作成研修やコンサルティングを実施している。

プログラム

1.伝えるには「読ませる」のではなく「見せる」【講義、グループ演習】
(1)ビジネス文書の役割
(2)見せる文書とは演習.見出しとタイトルを考えてみよう


2.見る側は何を求めているかを知る【講義、グループ演習】
(1)相手の判断基準・思考の見分け方
(2)相手の判断基準・思考にどう応えたら良いか


3,ビジネス文書に落とし込まなければいけない情報【講義、個人演習、グループ演習】
(1)パッと理解できる見せる文章とは
(2)文章の書き方テクニック


4.ストーリーをつくる情報整理術【講義、個人演習、グループ演習】
(1)情報「整理」のしかた
(2)情報「分析」のしかた
(3)情報の「絞り込み」「優先順位のつけ方」
 <演習> 情報整理による課題と戦略の発見


5.相手が理解しやすい図解のつくり方【講義、個人演習】
(1)図はメッセージ、パーツの意味
(2)パソコンで作るデザインテクニック
 <演習> ビジネスモデルを図解で表現


6.パソコンでつくるデザインテクニック【講義】
(1)「分かりやすさ・伝わりやすさ・採用率」を上げる方法
(2) デザインテクニック


7.実践! 分かりやすいビジネス文書の制作【個人演習、グループ演習】
 <演習> これまで学んだ内容を活かして、パソコンで文書を作ってみる


8.研修の総まとめ
 ・全体の振り返り
 ・質疑応答、講師講評

参加対象

●すべてのビジネスパーソン (特に、①より早く、より正確に、より少ない労力で質の高い資料づくりのスキルを身につけたい方、  ②上司によく資料の作り直しを命じられる方、提案資料が顧客になかなか採用されない方、  ③資料づくりに苦手意識を持っている方)

おすすめ関連セミナー

相手に分かりやすいと言われる「伝わる書き方」の技術

アイデア・思考を見える化する「読解力×図解力」トレーニング研修

  • 日時
  • 2022/2/25(金) 10:00~17:00
  • 会場
  • オンライン開催(Zoom): オンライン開催(Zoom)
  • 参加費
  • 30,800円 (36,300円)  ※消費税込み・( )内は会員外価格です
    ※フォローアップ(事後行動支援:自身で作成した資料の添削&アドバイス)を希望される方:41,800円(47,300円)
    ※オンライン受講の場合、恐れ入りますが、テキスト送付後のキャンセルが不可となりますことをご了承ください。
  • 備考
  • ●フォローアップ(事後行動支援)を希望される方は「自由記入欄」に「フォローアップ希望」とご記入ください。●同研修をカスタマイズして「企業内研修」(対面でもオンラインでも可能です)を希望される方は以下担当までご連絡下さい。 ●コンサルタント及び教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承下さい。
    ※オンライン受講を希望される方は担当までご連絡ください。

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

  • 三菱UFJ銀行
  • 名古屋営業部
  • 当座 No.420222
  • 三菱UFJ銀行
  • 大津町支店
  • 当座 No.420690
  • 三菱UFJ銀行
  • 名古屋中央支店
  • 当座 No.1194624
  • 三井住友銀行
  • 名古屋支店
  • 当座 No.1015177
  • りそな銀行
  • 名古屋支店
  • 当座 No.493948
  • 名古屋銀行
  • 本店営業部
  • 当座 No.4699
  • 大垣共立銀行
  • 黒川支店
  • 当座 No.16288
  • 十六銀行
  • 名古屋営業部
  • 当座 No.32632
  • 中京銀行
  • 大津橋支店
  • 当座 No.103574
  • 愛知銀行
  • 本店営業部
  • 当座 No.4808
  • みずほ銀行
  • 名古屋中央支店
  • 当座 No.7347
  • みずほ銀行
  • 麹町支店
  • 当座 No.19589
  • 八十二銀行
  • 長野駅前支店
  • 当座 No.2015186