《カートを見る》

開催セミナーのご案内

「A3用紙・1枚」で仕上げる“採用される”企画書作成術

~顧客・上司への提案、業務改善、部下指導、様々なシーンで活用できる紙1枚にまとめる技術!~


☑ 「一目見て全体像が伝わる企画書を、紙1枚でまとめるスキルを身につけたい」
☑ 「企画書に反映すべき情報の選び方とまとめ方
  (情報整理・分析のしかた / 優先順位のつけ方)を身につけたい」
☑ 「文字主体で“無理に読ませる”企画書になってしまわないようにしたい」
☑ 「読み手の気持ちに配慮した見やすい企画書作成テクニック
  (レイアウトのデザイン / 図・表の使い方)を身につけたい」
☑ 「自分が作る企画書は、正直分かりやすさや伝わる力が弱いと思っている…」
☑ 「企画書やプレゼンテーション資料の質で、ライバル他社と差別化したい」
☑ 「企画書の作り込み段階で、絶対に注入すべきポイントを知りたい」


など、採用される企画書(提案書)の作り方でお困りの方は多いと思います。

本研修は、読み手の本音(読みやすい / 理解しやすい ⇒ 採用されやすい)
を汲み取った企画書を「A3用紙・1枚」で作成するスキルを身につける研修です。
コンパクトでインパクトのある企画書の説得力は抜群で、
キーマン(お客様・上司)からの採用率を100%に近づけることができます。

講師は数々のコンペで連戦連勝している企画書制作依頼が絶えないプロが担当します。
プロが実践する抜群の採用率を誇る「A3用紙・1枚」企画書の作り方を
この機会に自分のモノにしてください。


● 参加者のコメント
――――――――――――

■ 顧客や上司への企画書・提案書として!
⇒ 顧客と上司双方の視点に配慮した内容をA3用紙・1枚に落とし込む方法がよく分かりました。

■ 改善提案書として!
⇒ 業務改善提案を作ることになり、
 紙1枚でまとめる必要があったのでこの研修に参加しました。
伝えるべき情報のまとめ方が分かりやすくて、すぐ実務で活用できるのが良かった。

■ 部下指導時に!
⇒ 伝えたい本質を企画書で上手く伝えられない部下がいます。
  この研修で学んだA3用紙・1枚企画書の作成方法は分かりやすく体系化されていて、
  ノウハウとして身につけやすく、教えやすいと思った。とても役立ちます。

■ その他諸々!
⇒ クオリティの高い企画書・提案書作成するまでのプロセスがわかった。
  巷に企画書作成セミナーは色々あるが、このセミナーを選んで良かった。
  他のセミナーやマニュアル本を探す必要がなくなりました。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

川口 洋一郎 氏 (スタイルプラス㈱ 代表取締役)

講師プロフィール

・大学卒業後、都市計画コンサルタント及び広告代理店事業に従事。
・2005年に独立し現在のスタイルプラス㈱を設立後、代表取締役に就任。
・大手広告代理店と共に消費財のプロモーションや企業ブランディングをはじめ、
 海外への日本農産物普及や地域活性化などの企画・プロデュースに携わる。
・本研修のテーマでもあるA3用紙・1枚企画書「アイキャッチプラン作成術」を考案後、
 企画営業マンや製造業の技術者、IT実務者など幅広い業種・職種で企画書作成指導を
 行っている。
・また、コミュニケーションプランニング、プレゼン資料の制作など企業や広告代理店の
 依頼で国内外で数多くのプロモーションを手掛けている。

プログラム
1.「読ませる」のではなく、「一気に読める」企画書をつくる
 (1) なぜ企画書を「A3用紙・1枚」で作るのか
 (2) 大手自動車メーカーをはじめ、企業で続々と採用・定着する
   「A3用紙・1枚企画書」の中身とは


2.見る側はいったい何を求めているのか?
 (1) 相手の判断基準・思考の見分け方
 (2) 相手の判断基準・思考にどう答えたら良いのか


3.「A3用紙・1枚」で作る“採用される”企画書作成術 ①
            【企画書作成演習(グループワーク)】
《例題1》社内組織の改善企画
《例題2》新商品の市場参入企画

 (1)「書く」のではなく、「描く」を意識する
 (2) お客様のニーズをガッチリ掴んだ
   「A3用紙・1枚企画書」への情報の落とし込み方
  ① 情報「整理」のしかた
  ② 情報「分析」のしかた
  ③ 提案情報の「優先順位」のつけ方
  ④ A3用紙・1枚への具体的な「情報の落とし込み方」


4.「A3用紙・1枚」で作る“採用される”企画書作成術 ②
                【解説→演習の振り返り】
 (1) 企画書の「分かりやすさ・伝わりやすさ・採用率」を上げる方法
 (2) 「文字・文章・フォント」の選び方
    ~読ませる企画書と、一気に読める企画書との違いを知る~
 (3) 読みやすい「文字間隔・行間隔」、全体のバランスのとり方
 (4) 印象に残る「配色・イメージ・表(図、グラフ)」の使い方
 (5) 「レイアウト」のテクニック
   ① 企画書のパーツにストーリー性(流れ)を持たせ、
     見る側に「腹落ち感」を持たせるには
   ② 相手の要望に合わせて使い分ける4種類の企画書レイアウト


5.「A3用紙・1枚」企画書を仕上げる 
 (1) 仕上げ段階で絶対に見落としてはいけない確認事項


6.研修のまとめ
 ・研修の総復習、質疑応答
参加対象

●読み手の本音(読みやすい、理解しやすい)に配慮した企画書を「A3用紙・1枚」で作成するスキルを身につけたい方   ●すぐに企画の全体像が伝わる企画書が作れるようになりたい方   ●企画書の採用率を高めたい方

おすすめ関連セミナー
  1. 相手に分かりやすいと言われる「伝わる書き方」の技術
  2. アイデア・思考を見える化する「読解力×図解力」トレーニング研修
  3. 「論理力×説明力」が身につく ロジカルシンキング
日時 2018/2/23(金) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル 研修室
参加費 28,000円(33,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ●同研修をカスタマイズして「企業内研修」を希望される方は以下担当までご連絡下さい。                                           ●コンサルタント及び教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承下さい。
担当 マネジメント研修部
小橋川(こはしかわ) seminar@chusanren.or.jp

今後の開催日
  日時 2018/9/11(火) 10:00~17:00 
会場 中産連ビル 研修室
テーマ 「A3用紙・1枚」で仕上げる“採用される”企画書作成術
講師 川口 洋一郎 氏 (スタイルプラス㈱ 代表取締役)
 
  日時 2019/3/8(金) 10:00~17:00 
会場 中産連ビル 研修室
テーマ 「A3用紙・1枚」で仕上げる“採用される”企画書作成術
講師 川口 洋一郎 氏 (スタイルプラス㈱ 代表取締役)
お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱東京UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱東京UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱東京UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.