《カートを見る》

開催セミナーのご案内

アイデア・思考を見える化する「読解力×図解力」トレーニング研修

\図解化された見やすい・分かりやすいビジネス文書づくりでお困りの方へ/

◆ビジネス文書づくりにおいて、
 このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?
――――――――――――――――――――――――――――――
☑ 文書を作成すると、文字量が多くなってしまう。図や表を使って表現することが苦手。
☑ 作成した文書が“分かりにくい”“伝わってこない”と言われたことがある。
☑ 今まで分かりやすいビジネス文書の作り方を学んだことがなく我流で通してきたので、
  部下や後輩にうまく指導できない。
☑ 文字量が多くなってしまい、相手に理解してもらうためには、きちんとした説明がいる。
  (文書を一見しただけでは、まずわかってもらえない)
☑ 伝えたい情報を整理して、構造化することが苦手。


  ❖ ❖ ❖


本研修では、ビジネス文書を作成する際、
図や表をうまく使いこなせずどうしても文字主体になってしまう方や
読み手から分かりにくいと言われてしまう方のために、
誰が見ても分かりやすくする「図解」を使った説得力抜群の文書の作り方を身につけます。



\ 本研修の特徴 /

➊ トレーニング中心のメニュー
―――――――――――――――――
⇒「文書を分かりやすくする6つのポイント」を学んだ後、複数の演習問題を実践します。
その結果、まとめにくい情報を分かりやすく整理する力、分かりやすい図や表にする力を磨きます。


➋ あらゆる文書作成にも応用可能なメソッド
―――――――――――――――――――――――
⇒「図解」を使ったビジネス文書作成の応用力が身につきます。
どんな文書でも、少ない文字量で図や表をバランスよく組み合わせた文書が作成できるようになります。
その結果、読み手から“分かりにくい・伝わらない”と言われることが少なくなります。


➌ 現在作成中の文書、過去ダメだしされた企画書を持ち込み、講師から直接アドバイス
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒自分自身で作成した(作成中の)文書ですと、講師からのアドバイスを直接もらうことにより、すぐ改善へ着手できます。
研修で使う教材と比較しても、自分が作成した文書のほうが講師アドバイスによる効果が大きくなります。


  ❖ ❖ ❖


ビジネスパーソンにとって、
複雑な情報や文書を「図解」化して分かりやすく伝えるスキルは一生役に立つスキルです。

図や表を使って文書を作成するのが苦手な方をはじめ、どうしても文書が文字主体になってしまう方はぜひこの機会に弱点を克服しておくことをお勧めします。
たくさんの方からのご参加をお待ちしています。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

開米 瑞浩 氏 (アイデアクラフト 代表)

講師プロフィール

 IT創成期に技術者としてプロジェクトマネジメントや社内教育を経験。プロジェクトリーダーとして必要な情報を同じレベルで相手と共有するために苦労する過程で、分かりやすく伝えられる「図解」の技術を考案。様々なビジネスシーンで「図解」を活用することで業務効率化と大幅な生産性向上を実現し、社内やクライアントから高く評価される。
 このような経験をきっかけに独立し、アイデアクラフトを設立。「図解」を使った資料・企画書・提案書作成の研修やコンサルティングを行い、幅広い実用性から高い評価を得ている。「最強のビジネス図解ワークブック」(東洋経済新聞社)を始め「図解」に関する著書多数。

プログラム
◆前半【図解を使いこなすベースづくり】
―――――――――――――――――――――――

1.図解化された文書を作成する前にまず意識すべきこと
 (1) 何のために書く文書かを考える
 (2) 文書作成に必要な作業(ワークフロー)の全体像をつかんでおく
 (3) 注意深く情報を整理する習慣を持つ


2.文書を図解化して見やすくする6つのスキル
 スキル1:分類とラベリング(見出しづけ)
      ・「分類」すれば、分かりやすいラベリングが可能
 スキル2:順序づけ
      ・「構造化」と「並べ方」の工夫で分かりやすさが倍増
 スキル3:数量化とグラフ化
      ・数量を表すためにはグラフが最適
      ・数字がない資料でもグラフ化できる時がある
      ・情報の性質でグラフの種類を使い分ける
 スキル4:情報量の削減とコンパクト化
      ・忙しい人に渡す情報は、減らせば減らすほど通じやすい
 スキル5:メッセージ化
      ・要するに結論は何なのか、を明示する
      ・相手の最終的な行動を意識して文書を組み立てる
 スキル6:読み手の価値観への配慮
      ・企画を通すためには相手の価値観を知ることが重要
      ・人は自分の価値観に合わない提案だと、受け入れにくい




◆後半【図解化スキル習得へのトレーニング】
――――――――――――――――――――――――――――

3. 基礎演習1
  ・複雑な情報から事実関係を整理し、見える化する力を養う

4. 基礎演習2
  ・問題解決ストーリーを体系立てて、見える化する力を養う

5. 応用演習
  ・これまで学んだ内容をもとに、興味あるテーマで誰が見ても
   見やすく・分かりやすく図解化する
   例)- 過去、上司に作り直しを命じられた文書
     - 取引先から良い反応が得られなかった提案書
     - 作成中の企画書や発表用資料
         ↓↓↓
        図解化して発表 ⇒ 講師が直接フィードバック

6.研修の総まとめ

参加対象

●すべてのビジネスパーソン  ※特に  ☑分かりやすく図解化した文書を作成するスキルを身につけたい方、  ☑明瞭簡潔な文書で、読み手の負担を減らしたい方   ☑文章や情報の性質から、どんな図や表を使うのが最適なのかを見極めて作成する力を身につけたい方

おすすめ関連セミナー
  1. 相手に分かりやすいと言われる「伝わる書き方」の技術
  2. 「A3用紙・1枚」で仕上げる“採用される”企画書作成術
日時 2017/2/21(火) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル 研修室
参加費 28,000円(33,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ●同研修をカスタマイズして「企業内研修」を希望される方は以下担当までご連絡下さい。                                            ●コンサルタント及び教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承下さい。
担当 マネジメント研修部
小橋川(こはしかわ) seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱東京UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱東京UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱東京UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.