JMS日本経営管理標準

経営者のマネジメント行動を再確認
「JMSトップマネジメント見える化フォーマット」

JMSフレームワークで提示された18の詳細項目について、ただ眺めているだけでなく、トップご自身の行動を内省するツールをご提供します。日常どのようにマネジメントしているか、このフォーマットをダウンロードして記入することで見える化できます。誰かに見せるため、評価されるためではなく、ご自身の言葉で表現することで、気付きが得られます。

「やっているつもりでも、シンプルに表現できない」
「やってはいるが、継続しているか、効果があるか、確認する方法がない」
「今、どのレベルにあって、次にどこをねらうのか、最終的にどうなりたいのか、曖昧なままだった」

飾らずに、ご自身と向き合うように記入してみてください。実行内容が埋められない(できていない)ところ、実行内容は記入できたが確認・評価方法が記入できないところ、次に目指すレベル、目指すあるべき姿までしっかり明確になっているところ、様々あるのではないでしょうか。

JMSワーキングでは、これらの項目を中心に、確認・評価できる実行と、あるべき姿までを明確にした日々の取り組みをして、共有化、相互研鑽しています。活動の成果として各セルに企業事例を揃えていきます。ご自身の行動を見える化して、「この項目内容は、具体的にどんなことをすると効果があるのだろう」と関心を持たれた箇所に、的確に事例を提供していきますので、ご期待ください。

JMSワーキングでは、これらの項目を中心に、確認・評価できる実行と、あるべき姿までを明確にした日々の取り組みをして、共有化、相互研鑽しています。活動の成果として各セルに企業事例を揃えていきます。ご自身の行動を見える化して、「この項目内容は、具体的にどんなことをすると効果があるのだろう」と関心を持たれた箇所に、的確に事例を提供していきますので、ご期待ください。