《カートを見る》

開催セミナーのご案内

【名古屋開催】事例で学ぶ「工場レイアウト」設計・改善の実務

~利益を出すための「最適な製造現場レイアウトづくり~

≪本研修の狙い≫****************************************************************

 製造現場においてレイアウトの重要性は誰もが理解しています。

 しかしながら、実際にレイアウト検討の経験を持つ技術者は社内にも非常に少なく、必要な文献も限られています。本研修では、工場レイアウトに影響する生産品目(Product)、生産量(Quantity)、経路(Route)、サービス(Service)、時間(Time)のPQRST分析手法とSLP(Systematic Layout Planning)、IEの基本原則を活用して、最適なレイアウトへ製造現場を導くためのデザインアプローチを学びます。

 モノづくりの3つの生産方式(機能別生産、ライン生産、セル生産)や製品の形態(組立型、分解型)、そして対象製品の制約条件(大型、中型、小型、多種少量、少種多量など)などの組合せを基礎から理解し、レイアウト課題の見える化と課題解決に役立てます。

********************************************************************************

 ◆製造現場のレイアウトに変化が求められている!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ☑ 多品種少量生産に変わってきているのに、今までと同じ
    レイアウトのため、段取り替えに時間がかかる
  ☑ 環境変化に合わせて、柔軟にレイアウト変更できるよう
    になりたい!
  ☑ 工場を新設するので、レイアウト改善方法を学びたい!

   ↓↓↓↓↓

 ◆レイアウト改善のメリット!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  ①材料・製品の運搬距離や作業工数・回数の削減
  ②人の動作回数や移動距離の削減
  ③運搬の改善
  ④人や機械設備の稼働率の向上
  ⑤床面積の節減
  ⑥仕掛かり品の削減   など様々な効果が現れます!

   ↓↓↓↓↓

 ◆ 更に今後目指す「あるべき姿」!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
   その時々の「所要人員」「工程編成」「受注量」に応じ、
   すぐにレイアウトが変更できる融通性の高い現場を目指す!

リーフレットがダウンロードできます→
講師

株式会社MEマネジメントサービス 経営コンサルタント、技術士
田村 孝文 氏

講師プロフィール

IEをベースに生産性向上、品質向上、原価低減、生産管理改善などを実践し、それに伴うレイアウト改善や新工場建設も含め、数多くのプロジェクトを手掛けてきた。1980年代から、日本はもとより、韓国、アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリヤなどの企業で指導し、途中、アメリカに駐在した。その後、MEマネジメントサービスに加わり、ME-America, ME-Canadaの社長として、アメリカを拠点にアメリカ、カナダ、メキシコなどの企業も含めて、指導し、グローバルに成果を上げてきた。現在は、MEマネジメントサービスの経営コンサルタントとして、各種企業のコンサルティングやセミナーを実施している。

プログラム
1.工場レイアウトの基礎
 (1)レイアウトの鍵 ⇒ PQRSTとSLP
 (2)SLPによるレイアウト計画のステップ
 (3)レイアウト設計標準データ


2.レイアウト設計・改善のポイント
 (1)顧客要求と生産方式選択
 (2)基本機能の追求、改善と管理(仕事とは何か)
 (3)原価ポートフォリオ分析(作るべき製品は何か)
 (4)時間と能力の明確化(どう作るか)
 【演習】 「基本機能によるレイアウト改善」


3.多品種少量生産における生産方式の改善 【事例】
 (1)プリンター組立ラインのバランス改善
 (2)多品種少量組立ラインのセル化改善


4.フレキシブル生産ラインへの改善 【事例】
 (1)既存フレキシブル製造ラインのレイアウト改善
 (2)長すぎるラインの改善


5.在庫低減によるレイアウト改善 【事例】
 (1)重量物製品の倉庫レイアウト改善
 (2)機能式レイアウトからセル生産方式へ


6.ラインやセルのレイアウトの改善原則
 (1)工程のつなぎ方
 (2)人と設備のつなぎ方
 (3)設備と設備のつなぎ方

※ご参加者には田村講師著『工場レイアウト改善の実務』を進呈致します。
参加対象

工場長、製造部長、製造・生産管理、技術管理者、本テーマに関心のある方々。

おすすめ関連セミナー
  1. 基礎から学ぶ『段取り改善』の考え方・上手な進め方
  2. 基礎から学ぶ『作業改善』の考え方・上手な進め方
  3. 製造業第一線で活躍する「組長・班長・ライン長」のための
    『第27期 現場リーダー実践研修』
日時 2019/2/4(月) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 コンサルタントおよび教育機関の方のお申込はお断りしております。ご了承下さい。
担当 マネジメント研修部
森 篤史 mori@chusanren.or.jp seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.