《カートを見る》

開催セミナーのご案内

「棚卸業務・在庫管理」の進め方
※全2回コース

~機能分析を活用した効果的な「棚卸業務・在庫管理」の進め方を学びます~

◆ 棚卸業務の効率化と在庫コストの削減が、利益の出る企業体質へ繋がります!

 ☑ 棚卸業務・在庫管理にとてもムダが多いためより成果の上がるように改善したい。
 ☑ 目的と手段を整理する「機能分析」を棚卸業務や在庫管理にも導入したい。
 ☑ 在庫は悪だといわれるが、適正在庫の考え方と求め方を知りたい。
 ☑ 将来的に強靭な企業となるように在庫管理を行いたい。
 ☑ VEの考え方を棚卸業務・在庫管理に取り入れることで、
   成果を今まで以上に上げたいと考えている。

本研修では、以下のことを学びます。

 ① 棚卸業務の効率化は事前の準備で決まることを再確認する
 ② 実践的な適正在庫の求め方と管理の仕方を知り、在庫管理に役立てる手立てを学ぶ
 ③ 棚卸や在庫の管理技法を学び、会社に戻って棚卸業務・在庫管理に役立てる
-----------------------------------------------------------------------------

本研修では、棚卸業務・在庫管理の実務課題についてVE手法を活用し問題点や課題を抽出、整理してムダのない棚卸業務と在庫管理の具体的な進め方を学び自社の活動に役立てます。
 
最終的には、自社の棚卸業務と在庫管理の現状を把握し、改善ポイントの抽出や課題を設定し、業務の効率化を実現する着眼点やその手だてをまとめ自社の業務に役立てます。

-----------------------------------------------------------------------------
〈中部VE研究会について〉※リンク先
本研修は中部VE研究会の専門部会として計画しています。中部VE研究会では、VE(Value-Engineering)の考え方を自社内やグループ企業内に展開することにより、自社企業価値の創造・向上を実現し、中部地区産業界の発展・普及の推進活動を積極的に行っています。この活動趣旨に賛同いただける中部の企業(製造業、建設業など)・団体・個人の皆様には、本研究会に入会いただき数多くの学ぶ機会をご活用いただけます。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

小林 達哉 氏 株式会社技術経営フロンティア代表取締役

講師プロフィール

大手製造業・物流業に勤務し、現場管理者・改善リーダー・マネージャーを務め現場指揮、進捗管理、改善活動、社員育成、OJTの実務を10年以上担当。その間、進捗管理・生産性向上・コスト管理や技能伝承のノウハウを蓄積する。
退職後、培った経験を活かし、中小企業の生産管理、物流管理、VE管理を中心として、管理者が行う作業者の指導、改善・効率化の実績は多数。コンサルタントとして中小企業を中心に現場に入りボトムアップ型の改善活動を支援している。VESの資格を取得している。

プログラム
研究テーマ:自社の棚卸業務と在庫管理の現状を把握し、改善ポイントの
      抽出や課題を設定し、業務の効率化を実現する着眼点やその手だてを
      まとめる
-------------------------------------------------------

〈第1回目:2018年5月8日火曜日(14:00~16:15)〉

1.在庫管理
(1)在庫とその特徴
(2)在庫の論点
   ①在庫管理 ②在庫差異 ③実地棚卸
(3)在庫コスト
(4)適正在庫の管理
(5)需要に合わせた発注方式
(6)在庫削減の進め方

2.在庫管理の実務課題【ワーク】
(1)VEの考え方を活用する
(2)情報収集:調査及び構造分解
(3)機能分析:目的と手段の整理
(4)アイデア発想:アイデアの発想と具体化
(5)改善提案:評価と改善案作成
(6)発表とディスカッション

-------------------------------------------------------

〈第2回目:2018年5月22日火曜日(14:00~16:15)〉

3.在庫差異
(1)在庫差異とは
   ①発生原因 ②差異の具体的な対策
   ③実際の事例
(2)業務フローの区分と展開【ワーク】
   ①区分 ②細分化 ③要因検討 
   ④目的思考 ⑤手段 ⑥改善案の選定

4.実地棚卸
(1)実地棚卸とは
   ①実地棚卸のステップ 
   ②実地棚卸の進め方とそのポイント
   ③実際の事例

5.改善活動の実践
(1)成功する改善活動の進め方
(2)今後の課題
参加対象

●棚卸業務・在庫管理の改善を行いたい方●部品の加工や組みつけを主に担当している企業の方●納入先から部品図面を受け生産準備から生産まで担当している企業の方●納入先から部品仕様指示を受け設計から生産まで担当している企業の方●中部VE研究会の会員企業の方

おすすめ関連セミナー
  1. 成果が出る製造現場の改善テーマ(ネタ)抽出法
    ※全2回コース
  2. 原価は設計で決まる「図面で原価を造り込む具体的な考え方」
    ※全2回コース
  3. VEリーダー(VEL)養成講座(2日間)
    〜VEの基本 実践セミナー〜
  4. プロセスで明らかにする「製品設計と原価企画」※全3回コース
  5. 3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」※全3回コース
期間 未定
会場 名古屋市: 金山プラザホテル ゼミナールプラザ
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
中部VE研究会会員 無料
備考 ※セミナー内容の録音・撮影はご遠慮下さい。コンサルタント及び教育機関の方は、お断りしております
担当 中部VE研究会
大土井* seminar@chusanren.or.jp

第1回
  日時 2018/5/8(火) 14:00~16:15 全2回
会場 金山プラザホテル ゼミナールプラザ
テーマ 「棚卸業務・在庫管理」の進め方 ※全2回コース
講師 小林 達哉 氏 株式会社技術経営フロンティア代表取締役
第2回
  日時 2018/5/22(火) 14:00~16:15 全2回
会場 金山プラザホテル ゼミナールプラザ
テーマ 「棚卸業務・在庫管理」の進め方 ※全2回コース
講師 小林 達哉 氏 株式会社技術経営フロンティア代表取締役
お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.