《カートを見る》

開催セミナーのご案内

管理者の課題設定と解決の進め方

成果を出すために学ぶ課題解決の具体的な進め方

◆ 管理者は成果を上げるために、職場で課題を設定し解決することが求められている!

 ☑ これまで管理者として仕事をしてきたがもう一度、立場と役割を理解したい。
 ☑ 管理者として取組むべき事が具体的に知りたい。
 ☑ 職場の課題をどのように設定するのか学びたい。
 ☑ 設定した課題を解決する具体的な方法を学びたい。
 ☑ 将来のため管理者として人材育成を進めたい。

  研修では成果へ結び付るために以下のことを学びます。

    ① 職場の課題を正確に捉える具体的な考え方
    ② 上位方針を主体的に解釈し、的確な目標の選定法
    ③ 部門の先頭に立って行動する行動力
    ④ 職場の人材育成の取組み方

 トヨタ自動車で、実際に管理者として課題解決を推進してきた経験豊かな講師が
 課題解決について演習を交えて具体的に解説いたします。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

西田 沢磨 氏

講師プロフィール

元 トヨタ自動車㈱
1974年 トヨタ自動車㈱入社。三好工場第1機械部11機械課へ配属。同課にて班長、組長、工長、課長を歴任し、2010年よりTQM推進部へ異動。2011年よりより同部活力向上支援室支援グループGMとして、トヨタ自動車の問題、課題解決業務の支援や小集団活動の活性化に貢献。2013年、自動車部品メーカー入社。現在は同社のQCサークル活動の活性化に携わるとともに、講師として多くの企業の人材育成、職場活性化に向けた現場指導を精力的に行い、わかりやすい内容で好評を博している。

プログラム
1.これからの管理者が取り組むべき事
 (1)部下・従業員の能力向上を進める
   ①指導支援の環境づくり
   ②教育の場づくりと自己能力を高め、部下を支援する
 (2)明るい職場づくりを進める
 (3)方針の策定と展開をはかる

2.職場における課題、問題解決活動のパターン
 (1)課題追求の活動
 (2)原因追求の活動
 (3)対策優先の活動
 (4)問題と課題の違い

3.課題解決活動の具体的な進め方
 (1)テーマ選定 取り組む必要性を明確にする
 (2)攻め所と目標の設定
   ①ありたい姿を明確にする
   ②現状とのギャップと攻め所(着眼点)の明確化
 (3)活動計画の作成
 (4)方策の立案
 (5)成功シナリオの追求と実施
 (6)効果の確認
 (7)標準化と管理の定着
 (8)演習 課題解決型ケーススタディ
     ※職場の課題に対する見方・考え方や、
      技法を活用した課題解決のための具体的進め方を体得します。

4.管理者が「課題解決」において着目すべき点とそれぞれの対策
 (1)企業文化に関すること
    社内コミュニケーション、協調性、目的達成への姿勢
 (2)仕事のやり方(部門編、個人編)
 (3)個人の能力と資質
   ①気づいていない能力と個性の発見
   ②ものの捉え方・見方の広さと狭さ
参加対象

職場の課題達成を達成したい、職場として新たなテーマに取り組み成果を出したい管理者の方。

日時 未定
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ①ご参加者が5名に満たない場合は、中止又は延期にする場合があります。②録音機の持ち込みはかたくお断りしています。③テキストは会場にてお渡しします。参加者以外の方にはテキストはおわけしていません。④コンサルタントおよび教育機関の方のお申込みはお断りしております。ご了承ください。
担当 マネジメント研修部
大土井. seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.