コンサルティングからセミナーまで。人材育成、マネジメント情報、経営戦略から事業の国際化など多様な課題を解決。愛知(名古屋)、東京、長野から全国にサービスを提供中。

2017年3月開講(第10期)
働きながら学べる
1年制・中小企業診断士登録養成課程

●中小企業診断士登録養成課程とは?

中小企業診断士登録養成課程とは、第1次試験合格者が第2次試験を合格する代わりに、中小企業庁の示す基準に基づいた「演習」および「実習」を、一定の水準を満たして修了することにより、中小企業診断士として登録できる制度です。

従来は、中小企業大学校だけが養成課程を開講してきましたが、経済産業省令第79号(平成17年8月)により、登録基準を満たした民間研修機関等が経済産業省へ登録することにより開講できることになりました。

当連盟は、平成20年2月に同登録を完了させ、平成20年3月より第1期登録養成課程を開講できることになりました。(平日夜間<火曜日・木曜日>および土曜日)

 

●中小企業診断士試験制度の概要

※ 登録養成課程(第10期生)の受講資格者

@ 平成27年度、平成28年度
  1次試験合格者

A 平成12年度以前の1次試験合格者

(Aのうち、平成13年度以降に2次試験を受講した方、平成18年4月以降の養成課程または登録養成課程を受講した方は除く)


| 中部産業連盟の登録養成課程とは | 中部産業連盟の登録養成課程の特徴 | 修了生の声 |
| 受講までの流れ | よくある質問・お問い合わせ |

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.