《カートを見る》

開催セミナーのご案内

3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」全3回コース

~競争力がある製品・部品を造るために、無駄な開発費を削減する取り組みが求められている!~

●時間を「13:30~16:00」に変更して実施いたします。
各回16:00以降は個別相談会を実施いたします。

研究テーマ:自社の初期費用とロス費用をつかみ改善の着眼点・方策を社内に提案する

 本研修では、開発費の基本的な枠組みについて理解を深めながら、工数や試験研究材料費を削減する具体的な取り組み方や設計のポカミス等のロスの削減について実践的に学び自社の業務に活かします。
 
 ※全3回の研修終了後、研究テーマをより追求するため、
  希望者を募り研究会として継続することも可能です。
-----------------------------------------------------------------------------

◆ 早く採算をとるためには、初期費用とロス費用を抑える必要がある!!

 ☑ 開発費を削減することが、原価低減につながるため開発費削減の仕方を学びたい。

 ☑ 会議で「開発費」について話がされるが、
   知識不足で理解できていないためレベルアップしたい。

 ☑ グローバル開発で、大きな失敗している話を聞くことがある。
   成功させるための留意点を知りたい。

 ☑ 上司から工数を削減してほしいとよく言われるが、
   どんな切口で取り組んだら良いか分らない。

 ☑ 自社の初期費用を小さくする具体的な取り組みをする必要性がある。

 ☑ 切磋琢磨できる技術者仲間を増やしたい。

本研修では、以下のことを学びます。

 ① 原価は設計で決まることを再確認する
 ② 自社の原価構成をしっかりと理解できる知識を得て、原価低減に役立てる手立てを学ぶ
 ③ 設計の役割を学び、会社に戻り原価低減に役立てる

-----------------------------------------------------------------------------

〈中部VE研究会について〉※リンク先
中部VE研究会では、VE(Value-Engineering)の考え方を自社内やグループ企業内に展開することにより、自社企業価値の創造・向上を実現し、中部地区産業界の発展・普及の推進活動を積極的に行っています。この活動趣旨に賛同いただける中部の企業(製造業、建設業など)・団体・個人の皆様には、本研究会に入会いただき数多くの学ぶ機会をご活用いただけます。また、この研修は中部VE研究会の専門部会としての位置づけで実施いたします。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

圡方 貞夫 氏  技術コンサルタント

講師プロフィール

1968年に現在のトヨタ紡織株式会社に入社。生産技術部、設計部にてシートやドアトリム設計開発に携わる。部長として工法開発や工程計画、生産準備に取組むとともに原価低減活動で実績をあげた。その後、TQM推進室を経て協力会社にてグループ企業の人材育成を行った。

プログラム
●時間を「13:30~16:00」に変更して実施いたします。
各回16:00以降は個別相談会を実施いたします。

【研究テーマ】自社の初期費用とロス費用をつかみ
       改善の着眼点・方策を社内に提案する

-------------------------------------------------------

〈第1回目:開発費を捉える〉
 2018年1月30日火曜日(13:30~16:00)

1.開発費とは
(1)開発工数を理解する
(2)試験研究材料費
(3)開発期間短縮の効果

2.グローバル開発の留意点
(1)日本調達のメリット 
(2)現地調達の必要性 
(3)日本と海外の工程づくりの違い

   ※第1日目終了時に課題を設定いたします。
-------------------------------------------------------

〈第2回目:開発費削減の切口〉
 2018年2月6日火曜日(13:30~16:00)

3.工数の削減
(1)流用設計による設計工数の削減
   ・有益な設計ツール
(2)変化点管理による試作/実験検証工数の削減 
   ・再発防止と未然防止
(3)基本構造設計の重要性
(4)CAD機能の有効活用
(5)設計前準備の充実

4.試験研究材料費の削減
(1)設計図面検証の充実 
(2)試作/実験検証回数削減
(3)試作レス化への挑戦
  
  ※第2日目終了時に課題を設定いたします。
-------------------------------------------------------

〈第3回目:ロスの削減〉
 2018年2月13日火曜日(13:30~16:00)

5.設計のポカミスの削減
(1)再発防止ツールの活用 
(2)設計の自工程完結

6.図面完成度向上活動 
(1)効果的なDRとは 
(2)効果的なポンチ絵の活用

7.まとめ
  社内向け提案書の作成

参加対象

●開発費削減を行いたい方●設計開発部門や原価関連部門の課長職、係長として実力を発揮したいと考えている方●部品仕様指示を受け設計から生産までを担当している企業の方●自社で製品開発・原価企画機能を備えている企業の方●自社で製品開発・原価企画機能を備えた企業で完成品を製造している企業の方●中部VE研究会の会員企業の方 

おすすめ関連セミナー
  1. プロセスで明らかにする「製品設計と原価企画」※全3回コース
  2. 成果が出る製造現場の改善テーマ(ネタ)抽出法
  3. 原価は設計で決まる「図面で原価を造り込む具体的な考え方」
    【中部VE研究会主催】※全2回コース
  4. VEリーダー(VEL)養成講座(2日間)
    〜VEの基本 実践セミナー〜
期間 2018/1/30(火) 13:30~16:00
会場 愛知県知立市: リリオ・コンサートホール 会議室
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
中部VE研究会会員 無料
備考 ※セミナー内容の録音・撮影はご遠慮下さい。コンサルタント及び教育機関の方は、お断りしております
担当 中部VE研究会
大土井* seminar@chusanren.or.jp

第1回
  日時 2018/1/30(火) 13:30~16:00 全3回
会場 リリオ・コンサートホール 会議室
テーマ 3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」全3回コース
講師 圡方 貞夫 氏  技術コンサルタント
第2回
  日時 2018/2/6(火) 13:30~16:00 全3回
会場 リリオ・コンサートホール 会議室
テーマ 3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」全3回コース
講師 圡方 貞夫 氏  技術コンサルタント
第3回
  日時 2018/2/13(火) 13:30~16:00 全3回
会場 リリオ・コンサートホール 会議室
テーマ 3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」全3回コース
講師 圡方 貞夫 氏  技術コンサルタント
お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱東京UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱東京UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱東京UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.