《カートを見る》

開催セミナーのご案内

これからの50年に向けた価値創造「第50回 中部VE大会」 

ネスレ日本(株)の高岡社長に顧客の問題解決するプロセスについてご講演いただきます。

 企業の人的・物的資源を最大限に有効活用し機能本位かつ使用者優先で価値を創造する方法がVE(バリュー・エンジニアリング)です。中部VE研究会は「顧客が満足する機能」と「それを支える最適コストの実現」を両立するための考え方の礎となるVEの有効な活用と最新動向を普及啓蒙し、それらを自社で活用できる人材を育成することを目的に活動しております。

 1947年に米国GE社のマイルズ氏によって開発され、1960年代に初めて日本に導入されたVEは企画、開発、製造、サービスなどあらゆる業種で活用され、半世紀に渡って数多くの企業に導入され成果を上げてきました。1967年に始まった中部VE大会も今回で50回目の節目を迎えます。第50回目となる中部VE大会は「これからの50年に向けた価値創造」をコンセプトとしております。

 全体の構成としてはじめにVE講演として指導実績が豊富な2名の専門家からVEの取組み事例。基調講演では、顧客が直面してはいるが気がついていない様々な問題を発見し、その問題を解決するプロセスの中でイノベーションを創出する取組み方。特別講演1では、時代の変化で事業を大きく変えて成功している企業の事例。特別講演2では、イノベーションを創出するための組織づくりと人づくりを実践されている取組みをご紹介いたします。最後には、理央氏をファシリテータにお迎えしてパネルディスカッションにてこれから未来に向けた価値創造について考えます。
 
 今回の中部VE大会は参加された方々が既存の枠組みにとらわれることなく、厳しい事業環境の変化に対応するための価値創造の手がかりを得ることができるよう示唆に富んだプログラムで構成されております。

 多くの皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO
ケイアンドカンパニー株式会社 代表取締役社長
 高岡 浩三 氏

バリューアップ研究所 代表 
 国際バリュー・スペシャリスト(CVS)
 谷 彰三 氏

株式会社技術経営フロンティア 代表取締役 
 VEスペシャリスト(VES)
 小林 達哉 氏

富士フイルム株式会社 R&D統括本部 先端コア技術研究所長
 後藤 孝浩 氏

スリーエムジャパン株式会社 執行役員 
コーポレート・プロセス・イノベーション及び品質保証担当
 大久保 孝俊 氏

マーケティングアイズ株式会社 代表取締役
関西学院大学 准教授
 理央 周 氏

講師プロフィール

プログラム
◆開会挨拶◆ 10:00~10:10
  
  中部VE研究会 幹事

◆中部VE大会50年のあゆみ◆

*******************************************************************************

◆VE講演◆ 10:10~11:20

<VEの原点的思考> ~VEが目指すものとは~

 バリューアップ研究所代表 
 国際バリュー・スペシャリスト(CVS) 
  谷 彰三 氏

VEが産声を上げて71年を迎えます。この間に様々な工夫が加えられ、実施手順の充実や適用対象の拡大などがなされてきました。その結果、資材部門でのコストダウンのための適用から、製品開発のあらゆる段階での適用へと発展し、さらに、製造業以外でも活用されるようになりました。しかし、VE活動の実施=VE実施手順の実施と考えて、VE本来の基本的考え方や目指すべき姿を忘れた活動も見受けられます。そこで、原点に立ち返ってVEの「基本的考え方」や「本来目指すもの」について紹介するとともに、「今後の方向性」についても考えて行きます。
-------------------------------

<VEの考え方を活用した製造現場の問題解決法>
 ~町工場の現場改善にVEを活用する~

 株式会社技術経営フロンティア 代表取締役 
 VEスペシャリスト(VES) 
  小林 達哉 氏

中小企業の製造現場の問題解決にVEを活用した事例を紹介します。特に10人規模の小規模工場では、現場で問題が発生したとしても社員が個々に問題解決を図り、その情報が社内で共有されず、ノウハウが属人化しているケースが多々見られます。この場合に、職場の共通言語としてVEの考え方を用いてノウハウの共有化を図り、人手が限られる中でもVEを使って現場の問題解決を効率よく進め、成果に結びつけた事例を紹介します。
*******************************************************************************

◆基調講演◆ 11:30~12:30
 
<21世紀におけるマーケティング>

 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO
 ケイアンドカンパニー株式会社 代表取締役社長 
  高岡 浩三 氏

日本企業がグローバル企業や新興国の勢いのある企業との競争に勝つために、先進国にふさわしいマーケティングが必要です。顧客が直面していて、なおかつ気づいていないさまざまな問題を発見し、その問題を解決するプロセスの中でいかにイノベーションを創出するかについて紹介します。
*******************************************************************************

◆特別講演1◆ 13:10~14:10
 
<富士フイルムの成長戦略とイノベーション>~危機からの脱出と新規事業創造~

 富士フイルム株式会社 R&D統括本部 先端コア技術研究所長
  後藤 孝浩 氏


2000年代、技術革新に伴いデジタルカメラが普及し写真フイルムの需要が激減した。コア技術を基盤とした事業転換に全社一丸となり挑戦し、その危機を乗り越えた。2006年には社名から「写真」を消し、フラットパネルディスプレイ材料や医療/ライフサイエンス、ドキュメント事業など、写真にとどまらない事業領域の拡大を目指した。その過程では、どの事業分野に舵を切るべきか、組織をどう変革していくかなど、待ったなしの状態での判断の連続であった。これらの軌跡について紹介します。
*******************************************************************************

◆特別講演2◆ 14:20~15:50 

<イノベーションを創出するための組織づくりと人づくり>
 ~脳科学×マネジメント~
     
 スリーエムジャパン株式会社 執行役員 
 コーポレート・プロセス・イノベーション及び品質保証担当 
  大久保 孝俊 氏

米スリーエム(3M)およびスリーエムジャパンにおける30年以上にわたる研究開発とイノベーション人材開発に携わり、イノベーション創出のためのさまざまなマネジメント手法を体得し、実践してきた講演者より「組織や人のモチベーションを高める」をテーマに様々なシチュエーションでの解決方法をお伝えします。「ポジティブに働く人間の本質の出現を強化し、ネガティブに働く人間の本質の出現を抑制すること」を基本としたマネジメントを紹介します。
*******************************************************************************

◆パネルディスカッション◆ 16:00~17:00  

【テーマ:これからの50年に向けた価値創造】
      
 [ファシリテーター] 
  ・理央 周 氏
    マーケティングアイズ株式会社 代表取締役 
    関西学院大学 准教授

 [パネリスト] 
  ・谷 彰三 氏   バリューアップ研究所      
  ・後藤 孝浩 氏  富士フイルム株式会社
  ・大久保 孝俊 氏 スリーエムジャパン株式会社

著書出版やテレビ、新聞、ラジオなどのメディアでも活躍されているマーケティングアイズ㈱の理央周(りおうめぐる)氏をファシリテーターに、講演者をパネリストにお迎えしてそれぞれの切り口からこれからの50年に向けた価値創造について考えるパネルディスカッションを行います。
-----------------------------------------------------------------------

〈中部VE研究会について〉※リンク先
本大会は中部VE研究会の主催いたします。どなたでもご参加いただけます。
中部VE研究会では、VE(Value-Engineering)の考え方を自社内やグループ企業内に展開することにより、自社企業価値の創造・向上を実現し、中部地区産業界の発展・普及の推進活動を積極的に行っています。この活動趣旨に賛同いただける中部の企業(製造業、建設業など)・団体・個人の皆様には、本研究会に入会いただき数多くの学ぶ機会をご活用いただけます。
参加対象

・企業価値の創造と企業価値を高めたいとお考えの方・VEの導入、実践をお考えの方、導入、実践でお困りの方

おすすめ関連セミナー
  1. 成果が出る製造現場の改善テーマ(ネタ)抽出法
    ※全2回コース
  2. VEリーダー(VEL)養成講座(2日間)
    〜VEの基本 実践セミナー〜
  3. 原価は設計で決まる「図面で原価を造り込む具体的な考え方」
    ※全2回コース
  4. はじめて学ぶVE入門研修
  5. プロセスで明らかにする「製品設計と原価企画」※全3回コース
  6. 3つのステップで学ぶ「開発費削減活動の進め方」※全3回コース
  7. 「棚卸業務・在庫管理」の進め方
    ※全2回コース
日時 未定
会場 名古屋: 三菱電機㈱名古屋製作所FAコミュニケーションセンター
参加費 13,000円(18,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
※中部VE研究会会員からの紹介は会員価格となります。自由記入欄に紹介会社をご入力下さい。                       ※参加費には昼食費用を含みます。                              
備考 コンサルタントおよび教育機関の方のお申込はお断りしております。ご了承下さい。
担当 中部VE研究会
樋口・小橋川・大土井・森・江口 seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.