《カートを見る》

開催セミナーのご案内

ムダ取り改善力向上研修【PART2:標準作業に着目した生産性向上 編】

ムダを発見する力を向上させ絶え間ない改善を継続させる職場を造るためには

「PART②:標準作業に着目した生産性向上 編」と称して
 ムダ取り改善力向上研修を開催いたします。

企業体質強化のため「ムダ取り改善力」の向上が、強く求められている!
どんなことが「ムダ」となるのか再認識することが重要です!

☑ これまで我流でムダ取りを行ってきたが、ここでムダ取りの考え方を広く学びたい。
☑ 新たな部署に異動となった。移動をきっかけにムダと真剣に向き合いたいと思っている。
☑ これまで行ってきた思いつきの改善を改めて成果をだしたい。
☑ 改善を進めるリーダーに新たになった。

これらのことから以下のことを学びます。

 ① 製造現場でのムダ取り改善の具体的な進め方
 ②「人づくり」を通じて企業体質強化の図り方
 ③トヨタ生産方式の考え方を切口とした「ムダ」


継続的な「ムダの徹底排除」という改善とそれを実践する「人づくり」を通じて、企業体質の強化を図ることがとても重要です。実際にムダ取り改善を進めるために身につけるべき能力や改善の手法・ツール、製造現場でのムダ取り改善の具体的方法について、トヨタグループ企業出身の講師がトヨタ生産方式的な考え方を解説します。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

渡辺 英治 氏
経営コンサルタント

講師プロフィール

(株)豊田自動織機に入社。大府工場製造部にて鋳造関連の設備保全業務を16年間担当。その後、生産技術、生産調査、生産計画等の各部署を歴任し、製造部門の改善活動に従事。2008年よりコンプレッサー事業部の生産調査室長、管理部主査として事業部の改善活動に携わる。社内・仕入先やトヨタグループ企業等の自主研活動に参画し、トヨタ生産方式(TPS)の実践に取り組んだ。また、協力企業への生産革新支援のコンサルティングでも実績を上げた。退職後はコンサルタントとして活躍している。

プログラム
【PART②:標準作業に着目した生産性向上 編】
  第1回目:2018年 6月25日(月)
  第2回目:2018年11月14日(水)

------------------------------------------------------

研修で学ぶポイント
① 標準作業のムダ取り改善の考え方とステップを学ぶ
② 改善の切り口としての「自働化」を学ぶ
③ 人の動作改善と設備の能力向上する考え方を学ぶ
  MM比(マン・マシン比)とその改善

------------------------------------------------------

1.ムダについて
 (1)ムダはいろいろある
 (2)動作のムダ
 (3)手持ちのムダ

2.標準作業の改善
 (1)標準作業とは 
 (2)標準作業の3つのタイプ
 (3)標準作業の改善の進め方

3.人と設備の動作改善
 (1)人の動作改善・・・ばらつき低減とCT短縮
 (2)MCT短縮の着眼点
 (3)MM比(マン・マシン比)※とその改善(演習)
    ※ラインの問題を明確にするために、「ラインの能力に対し、
     手待ちなく何人までの仕事ができるか」を表したもの

4.自働化の位置づけ
 (1)改善の切り口としての自働化
 (2)自働化とは 
 (3)自働化と自動化の違い

5.人の仕事と機械の仕事の分離
 (1)分離の目的と手段
 (2)分離の着眼点と改善のステップ
 (3)なるべくお金をかけずに取組むことが必須

6.品質は工程で造り込むとは
 (1)2つの品質異常検出
 (2)先入れ先出しによるライン管理
 (3)一定個数で品質チェック
 (4)自働化で重要なこと
 (5)アンドン、生産管理板、ペースメーカー

7.少人化について
 (1)少人化とは  
 (2)少人化ラインづくり
参加対象

職場改善を推進されている方、職場の後輩指導を任されている方、現場指導で成果を出したいと思っている方

おすすめ関連セミナー
  1. 「ムダ取り改善力向上」研修【PART1物と情報の停滞に着目したリードタイム短縮 編】
日時 2018/11/14(水) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ※PART1を通じてのお申込みの場合50,000円(60,000円)+消費税・( )内は会員外価格です。 ※セミナー内容の録音・撮影はご遠慮下さい。コンサルタント及び教育機関の方は、お断りしております。※本日程は、【ものづくり中核人材育成事業】による補助金の対象外ですので、ご注意下さい。対象日程は、10/16・11/11の2日間での開催です。
担当 マネジメント研修部
大土井. seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.