《カートを見る》

開催セミナーのご案内

生産段階における「物流改善の考え方と進め方」
:名古屋開催 2018/7/2(月)

コンサルティング事例で学ぶ

【物流】とは「何を、どれだけ、いつまでに運べ」という与件によって発生する行為であり、受動的なものです。また、【物流】自体は運搬物に対して付加価値を生んでいません。
そのような【物流】の改善においては、与件の最適化が最も重要であることをしっかりと認識しなくてはなりません。
また、適切な発注による効率的な「在庫管理」も重要なポイントとなります。

本研修では、
 ①問題解決の進め方
 ②物流平準化の基本構造
 ③物流改善の視点

等について、適時事例を交えながら解説します。


リーフレットがダウンロードできます→
講師

高山 忠久 氏

講師プロフィール

株式会社高山KS研究所 代表取締役社長

1977.3 神戸大学経営学部会計学科卒
1977.4 トヨタ自動車工業(現 トヨタ自動車)入社
     経理部(原価企画、原価管理、利益計画)4年
     国内企画部(価格設定、商品企画)6年
     日本高速通信(現 KDDI)(営業企画)3年
     マーケティング開発部(店舗開発コンサルティング他)2年
1993.2 L&F部門 企画部へ異動(商品企画、価格設定)2年
1995.1 全社的なBR活動の一環として、物流関連新規事業の立案を命じられ、
     物流コンサルティング事業を企画・立案し、会社の了承を得る。
     以後同事業の推進リーダーとして活動。
2001.4 部門全体が㈱豊田自動織機に統合されたのに伴い、同社へ転籍。
     トヨタL&Fカンパニー 初代コンサルティング室長を経て
2004.6 3PLと改善コンサルティングを目的とするAL事業部へ異動。
     引き続き改善コンサルティング業務を担当。
2013.1 組織統合によりトヨタL&Fカンパニー コンサル室となる。
     講演会、セミナー講師として活動。
2013.4 ㈱豊田自動織機を早期定年退職。
2013.5 ㈱高山KS研究所設立、代表取締役社長就任。
     引き続き、業務改善指導、人材育成指導に従事。

<物流コンサルティング事業のコンセプト>
トヨタ生産方式、トヨタ物流方式の現場への適用(改善活動の実践)の過程で蓄積された改善ノウハウを、改善活動を自ら経験したスタッフがトヨタグループ以外の企業に有償でコンサルティングし、物流のしくみの見直し、適正在庫の推進、L/Tの短縮等により、原価低減、収益向上といった経営ニーズにお応えすると共に相手先企業における改善人材の育成を行う。さらに、活動を通じ、お客様との信頼関係を構築し、トヨタファンの拡大に貢献する。

<主な活動実績>
大手食品卸物流センター (在庫削減、作業効率化、受発注のしくみ改善、配送費低減)
大手コンビニ弁当工場(作業効率化、ロス低減)
乙類焼酎メーカーボトリング工場、生産工場(在庫削減、生産合理化)
オフィス用品宅配業物流センター(在庫削減、作業効率化)
大手出版社配本センター(企画・設置・運用指導)
大手食品メーカー本社機能強化(SCM構築、物流改善、営業本部機能強化、全社利益計画立案・フォロー指導)他
講演会(弊社カスタマーズセンター6回/年他)、セミナー(実践・問題解決セミナー他)

プログラム
1.はじめに

2.物流とは何か、物流の3態様

3.物流改善の方法(トヨタ式問題解決法)

  (1)改善の狙い
  (2)トヨタ式問題解決STEPの進め方
    ①現状把握(現地現物が原則)
    ②問題点の抽出
    ③問題点の集約と評価
    ④「ナゼ5」による真因の把握
    ⑤対策案立案と評価(真因の反対が対策案)
    ⑥取り組み案の決定と実行計画立案
    ⑦計画実行とPMによる評価
    ⑧定着化、更なる改善へ

4.物流改善
  (1)物流平準化の基本構造(ピラミッド)
    【改善事例①】受注平準化
    【改善事例②】生産の平準化(質、量ともに)
    【改善事例③】物流平準化の着眼点
    【改善事例④】物流L/T短縮
  (2)物流改善の視点
    ①調達物流
    ②工場間物流
    ③工程内物流
参加対象

物流部門/生産管理部門/流通・倉庫業界の方

日時 未定
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 30,000円(35,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ①ご参加者が5名に満たない場合は、中止または延期にする場合があります。②録音機の持ち込みは固くお断りしています。③テキストは会場にてお渡しします。ご参加者以外の方にはテキストをお分けしていません。④コンサルタントまたは教育機関の方のお申込みはお断りしております。※本研修は講師派遣による【企業内社員研修】も可能です。下記担当者までご連絡ください。
担当 マネジメント研修部
加藤 唯 seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.