1. ホーム
  2. i.アカデミー

開講にあたって

急激なスピードで変化を求められる現在において、企業が継続的に発展し続けていくために、既存のビジネスの延長線上にはない、新たな商品・サービス・ビジネスモデルといった新たな付加価値を生み出すための『イノベーション』は不可欠です。『イノベーション』を自社内でいかに起こしていくかは、各社様々な工夫をされているところです。

中部産業連盟では、『イノベーション』をイノベーターといわれる特殊な個人だけが生み出せるものとは考えず、『イノベーション』を促進する人材を育成し、企業として日常的にイノベーションを起こしうる環境を作り上げることができると考え、昨年度より、企業内イノベーション人材育成アカデミー(i.アカデミー)を開講いたします。

本プログラムを通じ、企業様の継続的な発展に資する企業内イノベーション人材が育つことを切に願っております。

i.アカデミーとは

i.アカデミーとは、企業内で『イノベーション』を促進していくための、武器となる考え方と、人間性を学ぶプログラムです。

iアカデミーでは、

①イノベーションに必要なアイデアの発想・自社の本質的な強み・顧客価値の変化・未来の外部環境を学ぶ

②学んだ方法から、自社のコンセプトに合った、今までのビジネスの延長線上にない、新商品・サービス・ビジネスモデルといった新たな価値を創造する

③企業内での『イノベーション』の促進者として、自分のイノベーションリーダーとしての現状とあるべき姿に近づくために何をすべきか、アセスメントを通じて知る

を学びの目的とし、1年間全10回のプログラムをご用意しております。

本プログラムを通じ、未来を切り開いていく知恵とアイデアを習得し、それを武器として社内で『イノベーション』を促進していく人材となっていただくヒントを得ていただければ幸いです。

i.アカデミーの目指すもの

企業内イノベーション人材と(i.アカデミーで育てたい人物像)

創造性と協調性を備え、市場や社会の変化を正しく察知し、自社がどの武器を使って戦っていくかを理解したうえで、企業内で、組織として、『イノベーション』を促進していくリーダーとなる人材

本プログラムで目指すべきゴール

自社の普遍的な強みを理解し、自社独自のコンセプトで、自社の今までのビジネスの延長線上にない、新商品・サービス・ビジネスモデルといった新たな価値を創造する

本プログラムで養成できる能力イメージ

  1. プロデュース力:限られた経営資源の中から、突破口となる自社の普遍的な強みを理解し、その強みと未来の外部環境(社内外の新しい技術・人材・企業・社会等)を掛け合わせ、新たな価値を生み出す能力
  2. クリエイト力:顧客の新たな価値を創造するための、アイデアの発散法と収束法を知り、安定的にアイデアを生み出せる能力
  3. 人材像:企業内で『イノベーション』を促進していくためのマインドセットを理解したうえで、『イノベーション』をやりとげる高いモベーションを保ち、人間関係作り・組織作りができる能力