《カートを見る》

開催セミナーのご案内

【名古屋開催】原価のしくみと業務への活用法

原価とは何か、仕事への生かし方、コストダウンへのつなぎ方までを解説

原価は経理部門だけが理解すればよいものではなく、営業・製造・技術・購買など
全社員が意識を持つことが企業発展には欠かせません。

そこで、
 ☑「原価とは何?」
 ☑「原価はどのように計算するの?」
 ☑「原価の仕事への活かし方」
 ☑「コストダウンへのつなぎ方」   までをわかりやすく解説いたします。


■こんな方にお勧めです!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ☑ 原価のしくみは、経理部門だけが理解していて、自分はイマイチ分かっていない。
 ☑ 営業・製造・技術・購買などの部門に所属していて、
   原価の意識と知識が求められている。
 ☑ 経理部門にいて、「原価のしくみ」は分かっているが、業務への活かし方
   ・コストダウンに結びつけられない。
 ☑ 原価とは何か、原価はどのように計算するのか、よく分からない。
 ☑ 原価の仕事への活かし方、コストダウンへのつなぎ方までを詳しく知りたい。


■受講特典 本セミナーで使用するデータなどをCDにて贈呈!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ①個人の復習のために使えて役立つ。
    ②社内研修のテキストとしてそのまま使える。
    ③社内関係者にデータで渡せて、共有化できる。

リーフレットがダウンロードできます→
講師

橋本 賢一 氏 (マネジメントコンサルタント・公認会計士)

講師プロフィール

中央大学卒業。公認会計士事務所を経て、日本能率協会コンサルティング事業部に入る。原価革新や生産性向上のコンサルタントとして活躍の後、1985年(株)MEマネジメントサービスを設立、現在に至る。公認会計士の経験を活かし、コストダウンや現場改善などを中心にコンサルティング・研修会など、幅広く活躍中。わかりやすい指導法と定評があり、現在では日本国内のみならず、タイ・韓国などの海外でもコンサルタントとして活躍中。

プログラム
1.原価のしくみ ~原価の基礎的な用語に慣れる~
(1)利益はどのように計算するか 
(2)費用・原価とは何か     
(3)直接費と間接費は何か    
(4)変動費と固定費は何か
   ■演習■ 製造原価報告書作成問題

2.各部門の目的にあった原価を計算する ~原価システムをどのように作るか~
(1)事前と事後に見る原価
(2)部門の目的に合わせて原価を使い分ける
(3)簡単なやり方で棚卸資産評価   
(4)多目的の原価計算と管理の一元化 
    ■演習■ 製品別・部門別原価計算演習

3.実際原価と見積原価計算の進め方 ~製品別の原価を算定してみる~
(1)原価計算の種類         
(2)材料費の見積          
(3)加工単価(加工費レート)の見積 
(4)加工時間の見積         
   ■演習■ 見積原価計算問題・売価決定問題

4.原価計算結果を経営に役立てるには ~正しく使えば利益が増える~
(1)損益分岐点・限界利益の考え方
(2)どうすれば利益が増えるか 
(3)儲かる製品と赤字になる製品
(4)コストダウンすべき製品
    ■演習■ 意思決定問題、ABC・PPM分析問題

5.原価計算から原価管理へ ~原価の本質は最適資源配分~
(1)原価計算から原価管理へ
(2)原価計算をコストダウンに生かす~
(3)2つのコストダウンのやり方




■過去受講者のアンケート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ①原価の知識がほとんど無かったが、パワーポイントと共に、
   更にその解説がテキストについており、すごくわかり易かったです。
                  (医療機器製造・生産・20代)

  ②身近な事例から原価を解説してもらえ、よく理解できました。
   更にコストダウンのアプローチ方法も導入していきたいです。
             (電気機器製造・原価管理・30代)

  ③原価のしくみについてよくわかりました。
   営業担当としては、限界利益を意識した価格設定をもっと
   意識していきたいです。(自動車部品製造・営業・40代)

  ④原価のしくみ、原価意識を高める方法、原価低減の方法を
   学べました。自社の社員に伝え、原価低減に努めたいと思いました。
                 (各種金属加工・経営者・50代)


参加対象

原価に関わる全ての部門の管理者、担当者の方

おすすめ関連セミナー
  1. 【名古屋開催】受注を勝ち取る価格設定と原価見積のすすめ方
  2. 工場経理担当者のための原価管理の基本
  3. 【東京開催】受注を勝ち取る価格設定と原価見積のすすめ方
  4. 【東京開催】原価のしくみと業務への活用法
日時 2018/1/29(月) 10:00~17:00
会場 名古屋: 中産連ビル
参加費 28,000円(33,000円) ※+消費税・( )内は会員外価格です
備考 ご参加者には復習・プレゼンテーション・業務で役立つ“CD-R”を進呈いたします。
担当 マネジメント研修部
小城 seminar@chusanren.or.jp

お申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックいただき、表示されたお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンをクリックしてお申込みください。

お振込先

口座名 一般社団法人中部産業連盟

三菱東京UFJ銀行 名古屋営業部 当座 No.420222
三菱東京UFJ銀行 大津町支店 当座 No.420690
三菱東京UFJ銀行 名古屋中央支店 当座 No.1194624
三井住友銀行 名古屋支店 当座 No.1015177
りそな銀行 名古屋支店 当座 No.493948
名古屋銀行 本店営業部 当座 No.4699
大垣共立銀行 黒川支店 当座 No.16288
十六銀行 名古屋営業部 当座 No.32632
中京銀行 大津橋支店 当座 No.103574
愛知銀行 本店営業部 当座 No.4808
みずほ銀行 名古屋中央支店 当座 No.7347
みずほ銀行 麹町支店 当座 No.19589
八十二銀行 長野駅前支店 当座 No.2015186

 

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.