コンサル事例のご紹介

生産革新/フレキシブルな生産体制の確立

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■   生産管理/VM/FMS関連セミナーを多数開催いたしております。(紹介ページ) http://www.chusanren.or.jp/sc/slist/15.html                                                                                                                                                                                   ◇                                    ◇  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                                                                                                                                                                                                                                                                                       企業間競争の激化や経営環境の変化に対応し、市場と顧客の要請に応えながら、コストダウンと収益性向上を実現するためには、顧客優先型のフレキシブル生産システム(FMS=Flexible Manufacturing System)を確立することが必要不可欠です。                                                                                            フレキシブル生産システムとは、「多品種少量・短納期と受注の変動に極力在庫を持たずに対処しながら、生産効率の向上を実現することのできる生産システム」のことで、生産革新の決め手となる手法です。そして、キャッシュフロー改善、在庫削減、リードタイム短縮、コストダウン、収益性向上等を実現することができます。フレキシブル生産システムを構築するためには、5S、VM(目で見る管理、見える化)、生産日程計画などの管理システム改善、段取や作業方法などの物的システム改善を徹底的に推進することが必要です。                                                                                            続きは下記PDFファイルでご覧ください。また、資料ご希望の方、コンサルティングのご提案をご希望の方は下記よりお問い合わせください。  

この事例の詳細PDF→

 

問い合わせ先 東京本部
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6(垣見麹町ビル5階)
TEL 03-5275-7751 FAX 03-5275-7755
営業担当までご連絡ください

 

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.