コンサルティングからセミナーまで。人材育成、マネジメント情報、経営戦略から事業の国際化など多様な課題を解決。愛知(名古屋)、東京、長野から全国にサービスを提供中。

おもてなし規格認証制度とは

【制度の目的】 
おもてなし規格認証制度は、経済産業省の検討のもと、「サービスの質の見える化」を行い、質の高いサービスがそれにふさわしい評価を得られると同時に、消費者が安心してさまざまなサービスの提供を受けられる環境の構築を通し、地域経済の活性化をはかることを目的に創設された制度で、平成28年8月に制度運用が開始されました。

【サービス品質の「見える化」】
 「おもてなし規格認証」に申請し、認定されることで、サービス事業者には認定マークが付与され、サービス品質が「見える化」されます。これにより、お客様は、マークを参考にしてサービス事業者を選択することができるようになり、マークを持つサービス事業者はお客様にPRすることが可能となります。(認定機関(サービスデザイン推進協会)のホームページ:https://www.service-design.jp/ 外部サイト

(経済産業省発表資料より)

 

「おもてなし規格認証」制度の枠組み

 おもてなし規格認証制度では、認定機関の認定を受けた認証機関が認証します。
認定機関:おもてなし規格認証制度の統括、紅認証登録、認証証/店頭標章シールの発行
認証機関:金認証/紺認証に対する認証基準作成、申請事業者に対する現地審査、認証

 

おもてなし規格認証は、4段階認証

 「おもてなし規格認証」では、事業者の取組み状況に応じた4段階の認証(紫認証(表彰)、紺認証、金認証、紅認証(登録))を設定していて、認証の段階に応じて認証形式が異なります。
 例えば、紅認証では、申請事業者の自己評価による登録方式ですが、金認証では認証機関による現地調査を実施します。それらに加えてミステリーショッパー評価も実施予定です。
 紫認証は、期待を大きく超える「おもてなし」提供者に対して、認定機関が表彰します。  

schedule

 

各認証について

 紅認証の場合(「登録」)

 おもてなし規格認証(紅認証)に登録するには、認定事業者のサイトから「情報提供」、「設備」、「職場などの環境改善」、「業務の改善」、「ツールの導入・用意」、「顧客理解・対応」、「人材教育・育成」の7つに関する取組みの合計30項目についての質問に答えます。15項目以上適合する事業者は「おもてなし規格認証」に無料で登録する「自己適合宣言」形式です。
 登録後に発行される「登録証」と「おもてなし規格認証マーク」を店頭等に掲出することで、「サービス向上に意欲的なサービス」提供事業者として、サービス品質に対する取組みをPRすることができます。
 この紅認証は、金認証以上の申請をする上での「登録」という位置づけでもあります。

※紅認証の登録証の有効期限は当該年度の3月31日までとなります。再認証をご希望の場合は、再度の登録が必要です。

(登録サイト https://www.service-design.jp/declaration/ 外部サイト

 金認証/紺認証の場合(「有料認証」)

 金認証/紺認証では、認証機関による現地調査を行います。「情報提供」、「設備」、「職場などの環境改善」、「業務の改善」、「ツールの導入・用意」、「顧客理解・対応」、「人材教育・育成」の7つに関する取組みの合計30項目について、現地でヒアリングおよび現場確認を行います。この30項目の中には認定機関による指定項目の他、各認証機関による設定項目も含まれます。登録後に発行される「登録証」と「おもてなし規格認証マーク」を店頭等に掲出することで、「基本的な期待に応えるサービス」提供事業者、あるいは「独自の創意工夫が凝らされたサービス」提供事業者として、サービス品質に対する取組みをPRすることができます。

※金認証/紺認証の登録証の有効期限は登録後、1年間です。1年後に更新をご希望の場合は、更新の申請が必要です。

紫認証の場合(「表彰」)

 紫認証は認定機関による、「表彰」となります。詳しくは認定機関にお尋ねください。

| TOP | 制度概要 | 申込前確認事項 | 金・紺認証のお申込 | 事業者一覧(中産連) |
| お問い合わせ |

(C) 2006 Central Japan Industries Association (ChuSanRen). All rights reserved.